愛耳医会について

  •  医会は1955年(昭和30年)1月23日に会則が制定され発足しました。本会は愛知県内の耳鼻咽喉科医師をもって構成されています。愛知県を4つの地域に分け、各地区に副会長を置いています。副会長と理事は各地区で選出されます。地区は名古屋市、尾張、西三河、東三河の4地区です。各大学の教授、准教授、講師の先生方、また各地区の基幹病院の部長の先生方にもご入会して頂いています。また、機関誌「耳報」を発行して会員への情報の発信や周知を図っています。
  •  本会の目的は耳鼻咽喉科医の医学的水準を高めて社会に貢献し、併せて会員相互の懇親を深めその福祉の増進を図ることです。そのために医業及び社会保険に関する事業、社会福祉に関する事業、学術に関する事業、会員の福祉、懇親に関する事業などを行っています。愛知県医師会と共催し県民の方向けに公開講座を開催し、医師向けに生涯教育講座や、救急医療研修会など共催しています。日本耳鼻咽喉科学会の開催基準に合わせて最新の情報を知っていただくための講演会を開催しています。また医療相談の医師を派遣しています。愛知県医師会や学校医会と連携を取り保健活動や学校保健にも協力し、地域の健康を守ってまいります。

沿革

  • 初代会長 阿久根睦先生 就任
    1955年(昭和30年)1月23日 愛知県耳鼻咽喉科医会会則を制定
    1956年(昭和31年) 日本耳鼻咽喉科学会「耳の日」制定
    1961年(昭和36年) 日本耳鼻咽喉科学会「鼻の日」制定
    1963年(昭和38年) 機関紙「耳報」を創刊
    1968年(昭和43年) 第2代会長 田辺太郎先生 就任
    1972年(昭和47年) 第3代会長 彦坂興孝先生 就任
    1990年(平成2年) 第4代会長 甕哲也先生 就任
    1996年(平成8年) 第5代会長 米倉英明先生 就任
    1996年(平成8年) 機関誌「耳報」の印刷をホーインに委託
    2000年(平成12年) 補聴器適合研修会を開始
    2002年(平成14年) 第6代会長 鈴木康之先生 就任
    2004年(平成16年) 愛知県耳鼻咽喉科医会ウェブサイトを開設
    2005年(平成17年) 愛知県耳鼻咽喉科医会設立50周年講演会・祝賀会を開催
    2008年(平成20年) 第7代会長 杉山貴志子先生 就任
    2014年(平成26年) 第8代会長 小山賢吾先生 就任
    2015年(平成27年) 愛知県耳鼻咽喉科医会設立60周年講演会を開催

会員数

  • 1962年(昭和37年) 会員数190名(開業医132名、勤務医58名)
    1980年(昭和55年) 会員数286名(A会員211名B会員40名C会員35名)
    1985年(昭和60年) 会員数313名(A会員222名B会員42名C会員49名)
    1990年(平成2年) 会員数334名(A会員222名B会員51名C会員61名)
    1995年(平成7年) 会員数369名(A会員246名B会員89名C会員34名)
    2000年(平成12年) 会員数396名(A会員282名B会員89名C会員25名)
    2005年(平成17年) 会員数437名(A会員291名B会員115名C会員31名)
    2010年(平成22年) 会員数455名(A会員305名B会員115名C会員35名)
    2015年(平成27年) 会員数471名(A会員315名B会員110名C会員46名)